時計の買取 持ち込み前の手入れ方法

こんにちは。

今回は時計を買取店に持ち込む際に、実際の品物に対しての注意点を説明しておきます。

 

まず、普段使っていた腕時計の場合、きちんと箱に入れて保管している人は少ないと思います。

売却に出す際にも、そのまま本体のみの状態で持ち込んでしまうと、評価が下がります。

 

時計という物は、全てにシリアル番号が割り振られており、その番号を辿る事で、製造された時期、搭載しているムーブメントの種類等の情報を調べる事が出来ます。

 

そしてその製造番号に紐付く保証書(ギャランティカード)があります。

基本的に折り日記する品物は中古品なので、保証書の保証期間は過ぎていますが、中古品の高級時計を購入する側にとっては、保証書が添付されている事で、購入する際に安心感が違います。

やはり中古品の取引で一番怖い事は『コピー品を掴まされる事』で、ありますから、その怖さを払拭する為にも、保証書は添付しておく方が次のユーザーの為にもなりますので、付属品、特に保証書を添えて持ち込むと、時計の買取店も相場通りの良い金額を提示してくれます。

勿論新品で買った時の状態からどれだけかい離が無いか、という所が一番の評価ポイントですので、他の付属品、専用のケース(箱)やブレスレット調整で外した余りゴマ、調整用の工具等、時計の付属品は多岐に渡りますので、必要以上の目減りを防ぐ為にも購入時の付属品は大事に仕舞っておきましょう。

 

次に、本体の状態ですが、使わなくなった時に掃除をしてから仕舞う人も中々居ないかと思います。

そうです、次の作業は”掃除”です。

防水機能付きの時計の場合は、中性洗剤をかなり薄めた溶液でそのまま洗ってしまいましょう。

ブレスレットタイプであれば気兼ねすることなく洗う事が出来ます。

この時に間違ってもプッシュボタンは押さない様にして下さい!

いくら防水機能が付いていても、ボタンを押すとそこから水が浸入する恐れがありますので、要注意です。

 

ブレスレットの隙間の汚れはこの時にブレスレットの動く範囲分しっかりと動かす事で隙間の汚れも落ちて行きます。

それでも取れない場合は、細かい毛の歯ブラシ等で丁寧に擦って行きましょう。

 

革ベルトタイプの場合は本体とベルトを分離させる必要があります。

素人でも外せる工具も売っていますが、傷の恐れもあるので、時計屋さんに外して貰う方が良いと思います。

 

この様に、まず持ち込む前に状態を確認し、自分でメンテナンスが出来る部分は自分で行ってから持ち込む方が、時計の買取店も良い評価を下してくれるので、ひと手間加え、必要以上に評価を下げない様に心がけましょう。

Posted by 2015年9月13日 Category: 時計 買取